このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

第31回 「日本の石」翡翠(ひすい)

ページ番号 821-265-738

最終更新日 2016年12月1日

 平成28年9月24日に日本鉱物科学会が「日本の石(国石)」として翡翠を選定しました。翡翠は日本のようなプレートの沈み込み帯に特徴的に見られ、縄文時代から利用されてきた石です。現代でも宝石として持っている人は多いのではないでしょうか。
 翡翠にはいくつかの種類がありますが、今回国石に選定されたのは「ひすい輝石」を多く含んだ「本翡翠」と呼ばれるものです。ひすい輝石は透明感のある白い鉱物ですが、宝石として売られている本翡翠は緑色のオンファス輝石が混じったものが多いようです。本翡翠の他に「翡翠」と呼ばれる石も売られていますが、これは石英・霞かすみ石いし・緑りょく閃せん石せき・ざくろ石などであり、翡翠を購入する際には注意が必要です。多摩六都科学館には本翡翠の展示がありますのでぜひ見に来てください。
(市報 平成28年12月1日号掲載)

画像:ひすいの画像 新潟県糸魚川市産のひすいとミャンマー産のひすい

お問い合わせ

このページは、秘書広報課が担当しています。
市役所田無庁舎 〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号
電話:042-460-9804 ファクス:042-460-7511
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

人生のイベントからさがす

地図から施設をさがす

市の組織から情報をさがす

ロクト・サイエンス・コラム

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ