このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

第29回 宇宙の晴れ姿

ページ番号 428-364-766

最終更新日 2019年10月1日

 もっとも昔の宇宙の画像は「宇宙背景放射」と呼ばれています。宇宙誕生から約38万年たったときの、初めて光がまっすぐ進めるようになった瞬間の姿です。
超高温の宇宙初期は、沸騰している味噌汁のように濁っていましたが、約38万年たつと宇宙の温度が下がり、冷めた味噌汁のように澄みわたりました。この宇宙の一大イベントを「宇宙の晴れ上がり」と呼びます。
 宇宙膨張のため、宇宙誕生時の光は引き伸ばされ電磁波となり、夜空を見上げても肉眼では見えません。この電磁波は、ブラウン管テレビを使えば見ることができます。チャンネルを合わせないときのノイズの約1パーセントは、宇宙背景放射の電磁波が混ざります。つまり、知らず知らずのうちに宇宙最初の光を目にしていたのです。
 澄んだ空が広がる秋の夜長には、宇宙の光に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。
(市報 平成28年10月1日号掲載)

画像:プランク衛星が写したとノイズを映すブラウン管テレビ

お問い合わせ

このページは、秘書広報課が担当しています。
市役所田無庁舎 〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号
電話:042-460-9804 ファクス:042-460-7511
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

人生のイベントからさがす

地図から施設をさがす

市の組織から情報をさがす

ロクト・サイエンス・コラム

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ