このページの先頭ですサイトメニューここから
サイトメニューここまで

本文ここから

第38回 種はどのくらい眠っていられる?

ページ番号 688-473-084

最終更新日 2017年7月1日

 植物の種は、地面など湿り気のある所に落ちた後、気温などの条件がそろうと発芽します。逆を言えば芽吹きに適した環境になるまで眠っている(=活動を止めておく)ことができるのです。
 では、どのくらい眠っていられるのでしょう。市販の種の有効期限(発芽率が保たれる期間)は1〜5年ですが、環境によってとても長く眠っている場合もあります。有名なのは「賀ハス」です。1951年、千葉県検見川町の遺跡から発掘されたハスの種3粒を植物学者の大賀一郎博士がまいたところ、そのうちの1粒から芽が出て育ちました。約2,000年にわたって地中で眠っていた種が、時を超えてよみがえったのです。
 その後大賀ハスは日本各地の公園などに根分けされ、西東京市では東大生態調和農学機構内のハス園で育てられています。7月23日(日曜日)行われる観蓮会では、そのピンク色の大輪の花を見ることができます。
(市報 平成29年7月1日号掲載)


画像:蓮の写真

お問い合わせ

このページは、秘書広報課が担当しています。
市役所田無庁舎 〒188-8666 西東京市南町五丁目6番13号
電話:042-460-9804 ファクス:042-460-7511
お問い合わせフォームを利用する

本文ここまで

サブナビゲーションここから

人生のイベントからさがす

地図から施設をさがす

市の組織から情報をさがす

ロクト・サイエンス・コラム

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright (c) Nishitokyo City. All rights reserved.
フッターここまでページの上部へ